イソフラボンの化学構造がエストロゲンに酷似
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

イソフラボンの化学構造がエストロゲンに酷似

イソフラボンに関心を持って調べ始めると、必ず行きつく言葉があります。
それは「女性ホルモン」や「エストロゲン」です。
これらは女性の身体にとって非常に重要なホルモンであり、生理や妊娠もこうした女性ホルモンの存在によって支えられています。
しかし、残念なことに男性ホルモンとは異なり、女性ホルモンは一定の時期に来ると失われていきます。
皆さんはこの現象をご存知でしょうか。
この現象こそ「閉経」です。
女性は中年期以降になるとドンドンホルモンバランスが変動していきます。
これは閉経に向かって女性ホルモンが減少していくからです。
しかし、これは自然現象ですから無理に止めるものではありません。
ナチュラルに閉経していくために、急激に失われていく女性ホルモンを補うことで、症状を緩和させながら閉経へと導くことができます。

ではイソフラボンはどうして女性ホルモンと因果関係があるのでしょうか。
それにはこのイソフラボンのもつ「化学構造」に着目すると良いでしょう。
イソフラボン成分の化学構造は、非常にエストロゲンに酷似しているのです。
つまり、大豆を食べるだけで女性ホルモンを補う効果があります。
さらに、この効果は何も更年期障害にだけ効くものではありません。
何と嬉しいことに、肌の美しさにも良い影響を与ええくれるのです。
女性らしいふっくらとしてもち肌には、エストロゲンの働きが不可欠です。

そのため、閉経が近くなると失われていき、シミやそばかす、たるみなどが現れやすくなります。
しかし、外部から補うことで肌は元気さを取り戻すのです。
この働きは既に化粧品に応用されており、いくつもの製品がすでに販売されています
愛用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
閉経、と聞くと女性は自信を失うような喪失感を感じます。
しかし、誰もが乗り越える道です。
自然由来のイソフラボンを日常生活に取り入れながら、アクティブに閉経を乗り越えていきましょう。
きっとイソフラボンがその手助けをしてくれます。

トップに戻る