多く含む食品とは?
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

多く含む食品とは?

イソフラボンと言えば、大豆から摂れると言うのはもはや常識です。
しかし、一体どんな食品を多く食べれば、経口摂取が出来るのかまではご存知無い方が多いようです。
そこで早速、今回はイソフラボンを多く含む食材をご紹介しましょう。
まずは大豆、という事が前提です。
1日あたりにつき、一体私たちはイソフラボンをどの程度摂取すれば良いのでしょうか。
イソフラボンの摂取目安として知られているのは、約60~80㎎程度です。
体調や体質に合わせて大体の目安で摂取すると良いでしょう。
ではどんな食材でこの数字を摂取できるでしょうか。

一番オススメはやっぱり納豆です。
日本人の和食文化を牽引する存在である納豆には、約40~50㎎程度が含有されています。
朝ご飯の一品に加えることで、一日当たりの半分程度が摂取できるのです。
納豆巻きなどの方法もおすすめですし、卵とねぎと納豆でシンプルなドンブリもおススメです。
これ以外にも調理方法があるので、快調な一日を始めるためにも朝食に登場させてください。
きっと充実した1日につなげることができるでしょう。
では納豆以外ですと、どんな食材があるのでしょうか。
一杯の味噌汁につき、こちらも 約40㎎程度は摂取できるので、こちらの二品で一日当たりの摂取量をカバーすることができます。

過度の摂取じゃなければ、食事で摂るイソフラボンは男性にも子どもにも影響は与えません。
但し、こうした食事に加えてサプリメントを追加で摂取すると過剰摂取につながりかねないので気を付けましょう。
過剰摂取はホルモンバランスの異変を招いてしまう可能性があります。
納豆や味噌の他にも、豆乳や豆腐などのアイテムにも含まれているので、毎日の食事に組み入れてみてはいかがでしょうか。
また、大豆はヘルシーな和食料理にパンチを与えてくれるものとしても最適です。
豆腐はンバーグはとってもヘルシーなのにお肉のような味わいになりますから、ダイエット食としても素晴らしい食事です。

トップに戻る