強い骨をつくるって本当?
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

強い骨をつくるって本当?

私たちの身体は、様々な細胞や器官によって成り立っています。
しかしそのすべてを快調に動かすには骨の健康が不可欠です。
骨が不健康な状態ですと、身体も健康に稼働してくれません。
強い骨の存在が健康で居る最大の秘訣と言えるでしょう。
しかし、年齢と重荷骨はどんどん脆くなってしまいます。
それは、骨密度が低下するためです。
骨密度とは骨の強さがわかるもので、骨密度が高いと固くって頑丈な骨であることを意味します。
しかし、骨密度が低いと骨がスカスカで脆く、骨折しやすい状態と言えます。

人間の身体は歳を重ねていくとどんどん弱くなっていきますが、骨も例外ではありません。
特に近年ある研究が進み、多産傾向の女性は骨粗鬆症の発症率が高いことがわかってきました。
これは出産を経る際にカルシウムなどのミネラルを胎児に移行するためと言われており、まだまだ研究の途上です。
産後に栄養素を補うことで、将来の骨粗鬆症の発症リスクを軽減できる可能性があります。
ではどのような栄養素を補えばよいのでしょうか。
骨を強くすると耳にすると、牛乳を補うイメージがありませんか。
これは決して間違いではありません。
確かに骨の中には多くのカルシウムが詰まっています。
しかし、カルシウムを補うだけでは骨の外への流出を防ぐことが出来ません。

年齢と共に骨の中のカルシウムが流出してしまうので、出来れば原料であるカルシウムを補うだけではなく、流出を防ぐ成分を補うことも重要です。
ではどんな成分を補えばよいのでしょうか。
そこで、大豆の生み出す健康ポリフェノールである「イソフラボン」に」白羽の矢を立てましょう。
イソフラボンは骨からカルシウムの流出を止める効果があります。
そこで、高齢になっても骨をしっかりと強く保つには、牛乳や小魚などのカルシウム源と、イソフラボンが含まれる大豆製品を一緒に摂取することなのです。
特に多産を経験している女性は、意識的に摂取しましょう。
いくつになっても、自分の足で元気に歩きたいものです。

トップに戻る