乳がん予防にはイソフラボン
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

乳がん予防にはイソフラボン

日本人の食生活には、昔から大豆の存在が非常に密接でした。
たんぱく質が豊富なので、貴重な栄養源として愛されてきたのです。
夏の日差しにも強く、育てやすいという理由もあります。
日本が肉類を食すようになったのは明治時代以降とされており、それまでは基本的に穀物・野菜・魚類が食事のメインでした。
海がないエリアも多いので、そうした地域では積極的に大豆を食していたとされています。
また、大豆は豆そのものとして食べるだけではありません。
加工のしやすさも使いやすさの特徴です。
例えば豆腐、醤油など様々な食材に加工することが出来ます。
たんぱく質以外にも、ミネラルや脂質もあるので、健康の維持に最適な存在だったのです。

そんな大切な食材である大豆には、「イソフラボン」と呼ばれる成分が多く含まれています。
この成分は胚芽の部分に集中して含まれています。
このイソフラボンは。
大豆の健康パワーの秘密でもあるのです。
その理由は「女性ホルモン」です。
イソフラボンの化学構造はエストロゲンに酷似しています。
また、安全性の高い植物由来成分のため、医薬品より効果は弱いものの、摂取する負担も非常に低いので、乳がん予防にも一役買うと言われています。

イソフラボンを定期的に摂取すると、アジア人系の人々の間では乳がんの発症リスクが低下する、と中国の研究者たちが発表したのです。
この発表によれば、欧米人は体質が異なるため低下につながるとは言いにくいのですが、アジア人の場合効果が高いとされており、アジア人系である日本人にも同様のことが言えると推測できます。
乳がんは年々発症率が高まっており、辛い乳房を切除する現実に立ち向かう女性が増加しています。
ハリウッド女優もリスク軽減のために、発症前に乳房を切除するほどです。
日本人女性にもリスクは高まっていますから、予防のために大豆の多い食生活を始めてみませんか。
大豆はダイエット食品としても優れているので、ダイエット中の方にもおすすめです。

トップに戻る