イソフラボンの過剰摂取はアレルギーに注意
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

イソフラボンの過剰摂取はアレルギーに注意

イソフラボン入りの化粧品は使用されたことはありますか。
肌がふっくらすると好評の成分なうえ、非常に安価なコストで作ることが出来るので、比較的安い値段で化粧品を購入することができます。
肌を女性らしい艶やかさに導くのは、植物性のエストロゲンの効果です。
大豆に含まれているので肉類に比べてもカロリーが低く、肥満リスクを軽減することができます。
また、オーガニックな思考の方でも手軽にタンパク質を摂れるのでお勧めの所在です。
元来日本には大豆製品が多く、豆腐や煮豆などの食事を好んでいる人は多く存在します。
つまり、元々意識をしなくてもイソフラボンを摂取している国民です。
しかし、昨今の美容や健康ブームの高まりで、食事に加えてサプリメントを飲んでいる人も増加してきました。

では安全性の高いイソフラボンでも、過剰摂取したら何か体内に問題はあるのでしょうか。
実は過剰摂取はアレルギーを引き起こす可能性があります。
基本的には副作用のない植物ですが、摂り過ぎると肌荒れや痒みを引き起こす可能性があります。
特に体調不良時に大量に摂取することは大変危険ですので控えましょう。
また、男性の場合あまりに大量に摂取をすると、性欲減退を引き起こす可能性があります。
その原因は、女性ホルモンの摂り過ぎです。
一定量の摂取は抜け毛予防に最適なのですが、摂り過ぎると男性ホルモンが過剰に抑制されてしまいます。
すると、性欲の減退や精子の減少につながりかねません、元気な精子が減少してしまうと、男性側の不妊になる可能性もあります。
サプリメントを一気飲みするなど、効果を期待するあまり過剰な飲み方をすることは控えましょう
成人男性の場合は1日当たりの摂取目安は約70㎎程度です。
この目安を超えないようにしましょう。
豆腐一丁程度、というのがわかりやすい目安です。
美味しい大豆はついついたくさん食べたくなりますが、過剰摂取のリスクを頭の片隅に入れておいてください。

トップに戻る