イソフラボンと同時摂取は良くない薬
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

イソフラボンと同時摂取は良くない薬

イソフラボンには優れた効果があることは、既に皆さん承知なのではないでしょうか。
この成分は大豆からとれるもので、ポリフェノールの一種です。
健康に良い成分として広く知られるようになり、化粧品や食材のパッケージにもよくこの成分名が記載されています。
そんな人気のイソフラボンですが、飲み合わせの良くない成分も存在します。
ではどんな成分が避けるべき成分なのでしょうか。
避けるべき成分とされているのは、プエラリアなどのエストロゲンに酷似している成分です。
また、既に婦人科や産婦人科で女性ホルモンを刺激する成分を摂取している場合は、エストロゲンの過剰摂取に陥る可能性があります。
こうした場合は適量の大豆料理は問題ありませんが、サプリメントを過剰に摂取しないように気を付けましょう。
また、イソフラボンのサプリメントと大量の豆乳などを毎日飲んでいると、体調不良に陥る可能性は否定できません。
豆乳は特に含有量が多いので、お茶感覚で大量に飲んでいると過剰摂取になりやすい成分です。
豆乳で摂取する場合は1日コップで例えると1杯程度なので、これを目安に飲んでください。

では、飲み合わせの良い成分はあるのでしょうか。
もちろん飲み合わせの良い成分も存在します。
イソフラボンと相性の良い成分は、唐辛子に含有していることで知られるカプサイシンです。
カプサイシンは脂肪燃焼の効果もあるので、摂取することでダイエット効果も期待できます。
さらに、脂質との相性も良くゴマとの相性も相乗効果が期待できます。
ゴマ油で大豆料理を作ると、相乗効果もありますし美味しく食べられるので健康管理にも最適です。
豊かな食事は豊かな健康を作ってくれるので、是非食事でも摂取にチャレンジしてみてください。
このように飲み合わせが良いもの、悪いものとありますが、悪いものはそれほど多くはありません。
承知していれば普段通りに生活していれば過剰摂取にはなららないでしょう。
イソフラボンで快適な毎日を作りませんか。

トップに戻る