体質改善

閉経後の女性にはイソフラボン76mgが必要

大豆を多く食す文化のある東アジア圏では、欧米諸国と比べると乳がんや前立腺がんの発症率が低いというデータがあります。
中国の研究者による発表では、大豆に含まれるイソフラボンががんの抑制効果につながっているとされているのです。
豆乳やきなこなど、大豆の加工食品は多岐に渡っているので、飽きずに食べることが出来るのも嬉しい特徴です。
脂質はあるもののカロリーも低く、満腹感も与えてくれる食材なのでダイエット向きの背成分とも言えます。

イソフラボンは男女ともに摂取が可能ですし、大豆は幼児食にも最適です。
医薬品ではないので老若男女問わずに毎日食しても何ら問題がありません。
ビタミンやタンパク質も豊富に含まれているので、子どもの栄養にも肉が苦手になっていく老人にも最適です。
しかし、近年イソフラボンは女性向きの成分として名を知られるようになりました。
それは一体なぜでしょうか。

それにはこの成分の持つ化学構造に着目するとわかります。
イソフラボンは、女性ホルモンに非常に類似した化学構造を持っています。
女性ホルモンには種類があるのですが、特に注目すべきはエストロゲンです。
女性の身体に豊富に存在しているエストロゲンですが、実は閉経に向かっていくにつれて、どんどん失われていきます。
すると、声のトーンが変化し、体調に異変を感じたりなどの症状が見られるようになります。

しかし、大豆を食べて成分を補うことで、身体が急なホルモン減少に耐えうるのです。
内閣府の調査によると、閉経前の女性は1日当たりにつき64mg程度のイソフラボンを必要としますが、閉経後は増加します。
閉経後の女性は1日当たりにつき、74mg程度を必要とするのです。
つまり、閉経前よりも意識して成分を摂取することが推奨されています。
失われたホルモンを補うことで、身体が本来の状態で保つことが出来るのです。
不足感をもしも感じる、あるいは食事だけで補うことに負担を感じたら、サプリメントを使用してみてはいかがでしょうか。