PMSとイソフラボンの効果
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

PMSとイソフラボンの効果

最近生理前には豆乳を飲むとリラックスできる、というネット記事やテレビ特集が増加しています。
この背景には、生理前に起こるイライラに悩まされる女性が非常に多く存在している事が挙げられます。
以前はこうした生理前の現象はただのヒステリーのように扱われてきました。
しかし、ここ10年、生理前のイライラの解明が進みました。
この現象はホルモンバランスによる乱れがあるからとわかってきたのです。
こうした一連の症状は「PMS」と呼ばれており、治療薬も婦人科で処方されるようになりました。
既に愛飲している人も多いのではないでしょうか。

しかし医薬品を毎月飲み続けることに抵抗を感じる人もいるでしょう。
そうした方々に、今最もオススメしたいナチュラルな成分があるのです。
それは「イソフラボン」です。
化粧品などに詳しい方はこの名前でピンと来たのではないでしょうか。
イソフラボンは大豆由来の成分なので植物性のナチュラルな成分です。
この成分こそが、豆乳を飲むとリラックスできるという効果の源です。
イソフラボンにはエストロゲンと呼ばれている女性ホルモンの1つに類似した効果があります。
つまり、生理前にジェットコースターのように乱れるホルモンバランスを、豆乳を飲むことで補うことができます。
では一日あたりどの程度の量を飲めばPMSに効果的なのでしょうか。
何だか大量に飲まなければ効果がないように感じるかもしれませんが、意外なことに量は少なくて良いのです。
何と、一日当たりコップ一杯分である200ml程度を飲めば、十分にイソフラボンを補うことが出来ます。

豆腐の場合約一丁程度なので、豆乳や豆腐を工夫して食べたり飲んだりすることで、医薬品ではないアプローチでPMSの緩和に近付くことができます。
辛い症状は時に家族にも負担を与えますから、なるべく自然の力で緩和したいものです。
また、大豆には抗酸化作用もあるので、食べることでアンチエイジング効果も高めることが出来ます。
是非イソフラボンで健康生活はじめてみませんか。

トップに戻る