イソフラボンは前立腺がんの予防に役立つ?
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

イソフラボンは前立腺がんの予防に役立つ?

日本人の2人に1人はがんにかかる時代です。
テレビタレントやスポーツ選手など、大舞台で華々しく活躍した人でも、等しくがんは訪れています。
最近でも有名なテレビタレントががんを告白しているので、耳にされたことがあるのではないでしょうか。
日本人の死因の第一位はがんが独走しています。
しかし、昔のようにがんを患ったら死に直結してしまうものではありません。
抗がん剤治療も多岐に渡るようになりましたし、陽子線治療の発達は乳房を切除しないで残すという選択肢も提示してくれています。
それでもなるべくはがんを患わないことが重要です。

特に気を付けていただきたいのは、性別特有のがんです。
女性の場合は子宮がんや乳がんが該当します。
男性の場合は前立腺がんが該当します。
前立腺は、膀胱に近い位置にある部位で、年齢を重ねるとともにがん化しやすい部位です。
がん以外でも前立腺肥大という病気を患いやすいのも特徴の1つです。
では、こうした性別特有のがんを予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

実は非常に興味深いデータがあります。
それは大豆の摂取量とがんについてです。
大豆は西洋エリアに比べると、アジア圏の方が多く摂取する傾向にあります。
元々古代の頃から大豆類を食生活に取り入れてきた文化のためです。
そして、大豆を多く食べるエリアは、乳がんや前立腺がんといった性別特有のがんの発症率が低いことがわかってきたのです。
この背景には、大豆に含まれるイソフラボンの存在があります。
イソフラボンとは大豆の胚芽に含まれる成分の事で、美容効果の高さから近年化粧品に含まれることが多い成分です。
実はこのイソフラボンには、乳がんはもちろんの事、前立腺のがん化も抑制できているのです。
前立腺がんはイソフラボンの「女性ホルモン効果」で男性ホルモンを抑制することができるので、がんがもし出来てしまった場合でも、進行の抑制にも効果があります。
いつまでも元気で過ごすために、是非イソフラボンのある生活を始めましょう。

トップに戻る