イソフラボンの抗ガン作用
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

イソフラボンの抗ガン作用

イソフラボンはコスメに使用されているイメージがありませんか。
確かに女性向け化粧品の多くにイソフラボンが含まれているので、女性的な製品や成分のイメージがどうしても付きまといます。
しかし、大豆由来の健康成分は決して女性にだけ効果をもたらすものではありません。
優れた抗酸化作用は、男女問わずアンチエイジング効果がありますし、男性の抜け毛対策にも効果があるとされています。
食べ物に含まれる成分ですから、非常に安全性も高いのも嬉しい特徴なのです。

そんな応用力の高いイソフラボンには「抗ガン作用」があることはご存知でしょうか。
日本人の多くが患う国民的な病気であるガンに、一定の効果を示しているのです。
ホルモンバランスを整える作用があるので、摂取をすることでホルモンに関わる部位のガンの抑制効果が期待できます。
例えば女性で言うと乳ガン、男性の場合は前立腺ガンが該当します。
大豆食品を多く食す文化のある東アジアでは、こうしたホルモン由来のガンが欧米諸国よりも低く、抗ガン効果が発揮されているという研究結果もあるのです。
また、先にも紹介した抗酸化作用もガンの抑制に一役買っていると言われています。
でもどうして抗酸化作用がガンを抑えることができるのでしょうか。

人間の身体は老いていくに従い身体が酸化していきます。
また、アンバランスな肉類ばかりの食生活をしていると活性酸素ばかりが体内に溜まってしまい、ガンの発症リスクを高めてしまうのです。
酸化はガン細胞を呼び起こしてしまうのです。
しかし、抗酸化作用のある食べ物やサプリメントを飲むことでガン細胞の活発化を防ぐことが出来るので、乳ガンや前立腺ガン以外のガンの抑制にも効果があります。
大豆は非常に安価で手に入りますし、イソフラボンのサプリメントも他の種類の成分に比べると安価で手に入る成分です。
気軽ですが少しの手間暇でガンの予防効果が手に入るので、イソフラボンのある生活を始めて見ませんか。

トップに戻る