イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

化粧品に使われるイソフラボンの働きとは?

スキンケア商品の中で、「イソフラボン含有」などという言葉を目にすることがあるでしょう。
化粧品に使われているイソフラボンとは、お肌にどういった効果をもたらすのでしょうか?

そもそもイソフラボンとは、大豆の胚芽に含有するポリフェノールの一種で、納豆やおから、豆乳などに含まれています。
女性ホルモンであるエストロゲンにそっくりの作用を持ち、女性らしい身体を作る際サポートしてくれる成分です。
エストロゲンは、加齢によって分泌が減っていきます。
エストロゲンが減ると、体内でコラーゲンなどを生成する力が弱くなり、肌の弾力がなくなったりしわが増えたりします。
イソフラボンは、エストロゲンにそっくりの働きを持つため、分泌を促してコラーゲンの生成を助ける力があります。

エストロゲンは、ホルモンのバランスを整える役目も持ちます。
ホルモンのバランスが乱れると肌の潤いが減っていき、乾燥肌を招きます。
年を重ねるとバリア機能が低くなってきて、敏感肌にもなります。
そのため、イソフラボンを摂ることでエストロゲンの減少を防ぎ、ホルモンのバランスを正常にすることにもつながります。

また、ポリフェノールのひとつということで、抗酸化作用も持ち、活性酸素を取り除く効果も期待できます。
すると、しみの予防になったり保湿力のアップになったりしてエイジングケアにもなります。

イソフラボンは美肌づくりを大いにサポートしてくれます。
そのため、スキンケア商品にイソフラボンが含まれているとすれば、美肌効果が期待できるものでしょう。

トップに戻る