更年期障害にはイソフラボンが効果的?
イソフラボン・プエラリアのサプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

更年期障害にはイソフラボンが効果的?

肌質の改善や不妊治療にも効果をもたらしている、噂の成分があります。
それは「イソフラボン」です。
お気に入りの化粧品にはイソフラボンが含まれている、という人も多いのではないでしょうか。
そんな人気の成分には、まだまだ知られざる健康への効果が秘められています。
その1つはなんと驚くべきことに「更年期障害の改善効果」です。
いくら医薬品が進化したとはいえ、人間の体自体が大きく進化したわけではありません。
女性の身体は今も昔も閉経前後に火照りや頭痛などの体調不良に悩まされています。
更年期障害はホルモンバランスも激しく乱れるので、体調不良だけではなくイライラなどの心のバランスも崩しがちです。
そもそも更年期障害とは、閉経を挟んだ40代以降に起こる現象です。
しかし、場合によっては30代後半から症状を感じ始める人もおり、個人差が激しい症状とも言えます。
女性の身体を女性らしくするために分泌されていた「エストロゲン」が、どんどん減少することで体調不良が引き起こされるのです。

子育ての中盤であり、反抗期の時期にこの症状をかかえる女性も多く、二重の苦しみを感じる人もいます。
もちろん、医薬品での改善も可能ですが常日頃の食生活やサプリメントで、症状の緩和や予防につなげることも出来ます。
イソフラボンは更年期障害緩和の救世主なのです。
イソフラボンはエストロゲンに似た化学構造を持つ成分です。
つまり、大豆を食べたりサプリメントを飲んだりすることで、減少していく女性ホルモンを補充することが出来ます。
急激に減少していくことを防げるので、症状の緩和を実感する人が多いのです。
しかし、他の健康成分で既に更年期障害のケアを行っている場合は女性ホルモンを過剰に摂取する可能性があります。
婦人科で治療を受けている、あるいはプエラリアを飲んでいる等の場合には摂取を控えましょう。
その他にも、様々な健康成分のサプリメントを一気に飲んでいると、消化に負担を感じることがあります。
分散させて飲む、あるいは効果が重複している成分は減らすなどの工夫を行いましょう。

トップに戻る